ストックホルム 鑑賞編


c0206446_02581802.jpg










アイスランドぢゃなんもできなかったが

ストックホルムは夜も存分に楽しんでやる





外国に行ったらその土地土地の伝統に触れてみたい。


・・と、行ってみた

スウェーデンのトラディショナルダンスが観られるっつー

「スカンセン」

は、残念ながら閉まっていたけれど



せめてその分ストックホルム市民のおタノシミを

ストックホルム市民になりきって


タノシミまくってやろう







あんたも一緒に


レッツ☆ストックホルム市民!☆









☆☆☆








一日目。


ガムラスタンを歩き回った後、

何故か前から知っていて気になっていた場所を探して


ストックホルムの街を迷いまくる





c0206446_02490152.jpg










c0206446_02490128.jpg











散々どこやどこやと探しまくり



ようやくたどり着いたは





コチラ








c0206446_02490238.jpg









アイスバー





・・ガリガリくんぢゃないよ








ホテルの中に潜むこの

アイスバー


どんなもんだか



早速



ゴー!☆













c0206446_02490249.jpg






一つ目のドアが閉まらないと先に進めないという

厳重な二重扉



ふたつめのドアを開くと







c0206446_02490216.jpg
























c0206446_02514738.jpg










c0206446_02514878.jpg










氷のセカイ







・・またかぃ!!!!!









c0206446_02514707.jpg







・・といっても今回は
床や天井はもちろん氷ではないし、
色は照明






人工的な


青の洞窟






c0206446_02514842.jpg







天然の青の洞窟を見てきたばかりだけど・・



どーしても気になっていたのだよ。






だってココは、



バーだから。






c0206446_02514903.jpg









c0206446_02515156.jpg







このアイスバーではグラスもテーブルも


全部氷で作られているのだよ。






c0206446_02515101.jpg









・・だけに、中はそれなりに寒い。

グラスに至っては素手ぢゃ持てないし。



てことで、バーに入る前にこんな恰好をさせられる。






c0206446_02544156.jpg









サンタクローーーーーース!!!!!







c0206446_02543814.jpg











サンタクロースの恰好で、
氷にほこおされた彫刻を楽しむ。







c0206446_02543986.jpg



















c0206446_02543974.jpg










どーやって作ってるんだろう??



とても繊細な細工。








c0206446_03012167.jpg


















c0206446_03012134.jpg


























c0206446_02581826.jpg
























バーカウンターも


もちろん氷。









c0206446_03042905.jpg








c0206446_02581715.jpg















c0206446_03012365.jpg








バーカウンターにあった


アイスカー






c0206446_02581743.jpg













c0206446_03012272.jpg







ピロシキステキす!!










で、
飲めないし


途中入場してきたイケメンと共に、


撮影会をし遊ぶ







c0206446_02581859.jpg






c0206446_03012048.jpg






・・ウレシそうなのは氷のせいではナイ


















c0206446_03012224.jpg










友人とゆっくり語らうには絶対お勧めできない、

とっても寒い

このバー



アイスランドの洞窟とは比べるもんでは全くなく

ココはココなりの楽しさがつまっていたので、

足を運んでみて良かった。






c0206446_03042966.jpg



















☆☆☆








ストックホルム中に見られたスーパー





c0206446_03043016.jpg






みなさんお馴染みの!!!






コチラのコープは、
このCO-OPの文字を彩る激しすぎるモールからして
売ってるもんもオシャレね





c0206446_03043022.jpg








惣菜もうまそう




c0206446_03043159.jpg






会計は自分でピッピやって袋に詰めてくヤツ。

でもわかりにくいし反応悪く、

係員のおねえさんはひっぱりだこだった。













☆☆☆













初日、アイスバーを探して回っていた時に、

コイツに引き寄せられた。






c0206446_02490187.jpg






キレイなガラスの塔。





そして、同時に
その右のエンターテイメント施設みたいなのの中に



こんな文字を見付けてしまった。





c0206446_02501725.jpg






ままま


まりおねっと



・・だと

・・・・・!?!?!?







ご存じの通り、
ワタシはチェコですっかりマリオネットに魅了されてしまっている。
チェコ語だかドイツ語だか言葉はさっぱりだけど、
そんなん関係なしに思い切り楽しい時間を過ごさせられた。


ココ・スウェーデンは本場ぢゃないケド

日本ぢゃ多分そんなシアターもないやん







しかし、情報が無い。

こんな施設があることすらガイドブックには書いてない。

ましてや公演情報なんてわかるわけがない。


アイスバーからホテルに帰った後、

ネットで調べまくるがコイツについてわかったことはナシ。









わからないなら


自分の足で手に入れる







c0206446_03080447.jpg







翌日、朝からおんなじ場所へ出向き



公演情報と共に


マリオネットチケットげと





昼の公演時間までに
ガムラスタンにかけての商店街を行ったり来たり
・・してるうち時間が迫り
ハラを満たさなきゃと
ワタシの手よりでかいスープを急いで飲み干して






いざ!






マーリーオーネートーーーーー!!!!!!!!!!
























c0206446_03043142.jpg











こんなところで待機していると












c0206446_03043101.jpg









マリオネット師のおっちゃんが自ら

ワタシたちを中まで誘導してくれるよ!!!!!

















c0206446_03043296.jpg










公演中の撮影は禁止なので、ココまで。





このおっちゃんが右手の箱に入って
上のちっちゃい幕や下の横断幕を巧みに使って

人形劇を繰り広げるのだよ



今回の公演内容は、赤ずきんちゃんだったよう
(赤ずきんちゃん役の人形がわっるい顔で、
途中までずっとそいつは魔女だと思っていた。)


最初、チケットを購入するとき
「子供は?」
と言われ、ひとりだっつったら怪訝そうな顔をされ
待合室にはいったら入ったで子供とお父さんお母さんしかおらず

さすがに失敗かと思ったケド



こちらもまた、
スウェーデン語なんてさっぱりわからんワタシでも
すっかり笑かされたあっちゅうまの30分。


そして現地の子供たちのタノシミに一緒に参加できてウレシイ。



今回ワタシは
このマリオネット師のおっちゃんのステージに
出会うことができたけど、
公演内容は日によってチガウよう。

料金もわずか800円ほど。
このステージは当りだったなーーー。




c0206446_03080487.jpg





















☆☆☆












マリオネットの夜。






c0206446_03080510.jpg







ガムラスタンでは
どーしても行きたかったお店でのライブスタートを待ち

行ったり来たり
行ったり来たり・・


c0206446_03080523.jpg




夜のガムラスタンは魅力的だけど、さすがに何往復してんだ











そしてお待ちかねの

コノ

お店へ






c0206446_03122820.jpg













c0206446_03122857.jpg





STAMPEN!!!!!





ジャズの老舗で、ライブはもちろん

お店自体にとても興味があったのだ




さっそく



お邪魔しまーーーーす♪
















・・・ん?


















c0206446_03080636.jpg













ぬ?










c0206446_03080675.jpg








おおお












c0206446_03080604.jpg

















おおおおおおおおお











c0206446_03080692.jpg













すげええええええーーーーーー!!!!!



たまらない内装




ごっちゃごっちゃのインテリアたち






c0206446_03104062.jpg








いるだけで




タノシイ!!!!!








c0206446_03104131.jpg






c0206446_03103925.jpg







ごちゃごちゃすぎて
逆に写真ではうまく伝えられないかもしれないけど

おもちゃ箱をひっくり返したよう。

コドモ心・くすぐられまくり!!!!!☆☆







そしてコドモなワタシはジンジャーエールはあるかと聞く。


店員のあんちゃん「イヤぁぁ

ええ?

うぅぅぅぅーーーん・・・・・


・・・


コレでどう?」







c0206446_03080771.jpg





ジンジャービーーーーーール







あんちゃんにコレ、ホントにアルコール入ってないよね?っつーと
あんちゃんは表示を念入りに調べてくれて、
めでたくノンアルコールと判明。
オメデトウ、あんちゃん!イヤあたしか!


フツーにうまいぜタノシイぜ!





c0206446_03104097.jpg







で、お目当てのステージ




c0206446_03104052.jpg






今回は誰が出演か特に調べてこなかった・・
ぢゃなくて、スケジュールが更新されてなくてわからんかった。




さっき確認した限りでは、コチラ





c0206446_03122837.jpg





うーーーんサフィンて

ぜったいジャズではないんだろな



まあなんでもいーのだ生のストックホルムを聴ければ





そして登場





c0206446_03104152.jpg





おおおう!
かっくいいではないか!


オールディーズなロケンローな感じの4人組!




こんな雰囲気も相まって
絶好調にノリノリで聴いていると





c0206446_03104191.jpg




でたリトルダーリン的な!


おっちゃんおばちゃん!!

いいねいいねサイコーだね!!!!!




c0206446_03104235.jpg





こーゆーのがあると

何故か観てるコッチも

よりライブをライブできちゃうから

不思議。




c0206446_03104247.jpg




朝までダンシン!!!!!♪♪







そしてベーシストがちょーかっこよかった。
渋くてステキす





c0206446_03104276.jpg


それぞれナイスプレーイ!!☆☆








ライブが始まったのが21時頃。

全部で3ステージもガッツリやってくれるんだけど


さすがにスタート遅すぎて
電車の時間を気にして2ステージでギブ。


残念だけど、ちょー満喫。




こんな雰囲気の中で、
こんなイイ音楽を聴けて、


チャージはわずか


日本円で600円か700円。




ドリンク飲んでも1.000円ほどで楽しめてしまう。




これは
いろんなイミで

かなり衝撃的だった。









☆☆☆











c0206446_03122732.jpg







ココまで完全に読み切ってくれた

ヒマの衆の見本のようなヒマの衆よ




長々ワタシの
アイスランド・ストックホルムの旅にお付き合いいただき



Tack!!!!!☆☆













・・とでもゆーと思ったかすっとこどっこい!!



付き合いの長いヒマの衆ならもう気づいてるであろう


これぢゃあ終わらせられないのだ







次回はオマケの・・編!!!!!



c0206446_02543927.jpg





あとちょっと!!!!!

まみ














[PR]

by JAPROCK | 2016-04-15 03:21 | 海を越えて