インド バラナシ編の前編




c0206446_04365116.jpg




ガンジス河の流れる町


バラナシ




今回の旅で

いちばんスキな町




な、だけあって



写真を選びきれん






c0206446_03472651.jpg









ガンジス河には


朝も夜もなく人が集う







c0206446_03472633.jpg











そして町には
























c0206446_03472725.jpg















やっぱりオマエか











c0206446_03472723.jpg








ニューデリーに増して牛さん天国







そう

ココは

人にとっても牛にとっても

聖地










聖地に日が昇るころ



その朝陽を浴びに行った




c0206446_03472850.jpg


c0206446_03472806.jpg


c0206446_03472832.jpg


















c0206446_03472930.jpg








c0206446_03503567.jpg



















c0206446_03503543.jpg



夜明け前から集うたくさんの人々




















c0206446_03503634.jpg




























日の出を訪ねて

舟に乗り込む



c0206446_03503665.jpg























c0206446_03503767.jpg




c0206446_03503730.jpg




ガンジス河沿いに立ち並ぶ建物の色合いがたまらない









c0206446_03503701.jpg










c0206446_03503853.jpg
























c0206446_03503804.jpg





















c0206446_03503878.jpg








c0206446_03523582.jpg









c0206446_03523559.jpg















沐浴をしたり、河を眺めたり

インドの人の朝は早すぎる



c0206446_03523672.jpg




















c0206446_03523618.jpg





























c0206446_03523651.jpg



























気づけば空には












c0206446_03523712.jpg






いつともなしに登った太陽







c0206446_03523751.jpg



















燃えるような陽







c0206446_04075562.jpg

















c0206446_04075436.jpg


































c0206446_03523825.jpg














































c0206446_04075524.jpg





















そして舟は帰路に着く
















c0206446_04075534.jpg



交代になったら乗客よりくつろぐ
さっきまで頑張ってたにいちゃん

そりゃそーだ
ワタシも漕がしてもらったけど
コイツはかなりの重労働

おつかりおにいちゃん







c0206446_04075640.jpg

















c0206446_04075606.jpg
























c0206446_04075681.jpg







朝陽の昇りだす少し前に漕ぎ出した舟は

インドの人々の生活や

バラナシの
褪せた、なのに色鮮やかな風景と共に


朝陽の燦然と輝くまでの姿をゆっくりと楽しませてくれた










c0206446_04075603.jpg




ガンジス河に照る太陽は


いつにもなく幻想的。




c0206446_04105978.jpg

































c0206446_04105913.jpg




c0206446_04105926.jpg



















コチラは川添いの通り






c0206446_04110071.jpg
























c0206446_04110030.jpg






何するわけでもなくあそぶ子どもたち。


















c0206446_04110029.jpg






















c0206446_04110116.jpg




町自体は、やはり錆びれている。

けど、何故か どこか


のどか。







この土地には小路がもりだくさん











c0206446_04110151.jpg

















c0206446_04110298.jpg

























c0206446_04110215.jpg







c0206446_04140981.jpg







c0206446_04141097.jpg












c0206446_04141018.jpg














c0206446_04141048.jpg








c0206446_04141105.jpg













c0206446_04141195.jpg


c0206446_04141140.jpg






どこに行っても

迷路のよう


















この奥は、火葬場







c0206446_04141191.jpg





ガンジス河には日々沢山の亡骸が運ばれ


それを河が流してゆく




インドの人々がするのに倣って

ぼーーーっとしながら


ずっとそれを眺めていた










⭐︎⭐︎⭐︎







バラナシ編


書いてたらちょーーぜつ長くなっていたので


わけてのお届けに決定



もー全部書き終えてるから安心しな!!




また会おう




まみ
























[PR]

by JAPROCK | 2015-10-08 11:38 | 海を越えて